ありがとう養成講座の特徴

現場経験豊富な講師が指導します

平成16年よりホームヘルパー2級養成講座、平成19年より福祉用具専門相談員講習を開講しており、指導には実績があります。

ありがとうの講師は介護現場で介護職として勤務する傍ら、全国で開催される学会や海外研修などに積極的に参加し、日々自身のスキルアップに努めています。

介護福祉士実務者研修とは

実務者研修とは、よりよい質の高い介護サービスを提供する為に、実践的な知識と技術の習得を目的とした研修です。

介護の現場でさらにレベルアップを目指す方にお勧めの資格です。

平成25年度から介護職員基礎研修及び、ホームヘルパー1級は

『実務者研修』へ一本化されました。

また、新しいキャリアパスでは平成28年度(平成29年1月実施)の

              介護福祉士国家試験から受験資格として実務経験3年に加え、

               実務者研修の修了が義務付けられています。

学習内容

介護過程Ⅲ

利用者の心身状況に応じて介護過程を展開、アセスメント、介護計画立案、実施、モニタリング、介護計画の見直し等ができるようになります。

また、介護計画を踏まえ安全確保・事故防止・家族との連携・支援、多職種、他機関との連携ができるよう知識。技術を身につけます。

事例を用いたグループワークが多く実践的な学習となっています。

 

 医療的ケア

医療的ケアを安全・適切に実施する為に必要な知識・技術を習得します。

種には喀痰吸引、経管栄養の基礎知識・実施手順について理解し行えることを目標とした演習です。

グループに分かれてシミュレーターを使い実践的に学びます。

ありがとう養成講座の特徴

現場経験豊富な講師が指導

平成16年よりホームヘルパー2級養成講座、平成19年より福祉用具専門相談員講習を開講しており、指導には実績があります。ありがとう養成講座の講師は介護現場で介護職として勤務する傍ら、全国で開催される学会や海外研修などに積極的に参加し、第一線で活躍しています。

ニーズが高まっている医療的ケアの知識が身に付く

口腔・鼻腔、気管カニューレ内の喀痰吸引や胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養などの医療的ケアについてシミュレーターを使って繰り返し学びます。

医療的ケアはリスクの高い業務の為、安全・適切に実施できるように必要な知識、技術を修得します。

ありがとうは様々な免除があります!

受講期間の短縮

訪問介護員養成講座(1~3級)、介護職員初任者研修、介護職員基礎研修をお持ちの方は受講期間が約2ヶ月です。

医療的ケアの演習の免除

痰吸引等研修(第一号、第二号)の資格をお持ちの方は、医療的ケアの演習(授業2日間)は免除になり、スクーリングが6日間となります。

課題の科目免除

                          介護員養成講座(1~3級)、介護職員初任者研修、介護職員基礎

                    研修をお持ちの方は通信課題の提出が一部免除されます。

資格を持っていなくても受講が出来ます

資格がない方、経験がない方も受講できる

スクーリング、通信課題の免除はございませんが、受講開始日から半年の期間で修了が

出来ます。

スクーリングでは経験がある方と一緒に学びますが、基本的なことを確認しながらの

授業なので初めての方でも安心して受講していただけます。


    日 程

   受 講 料

   会 場



お申し込み方法

郵送の場合

必要書類を送付の上、受講料はお振込みをお願いします。

持参の場合

必要書類、受講料を持参していただきます。

 

 

必要書類は下記にてご案内しておりますので、お忘れのないよう、よろしくお願いいたします。お越しいただく際には必ず電話連絡をお願いします。

送付または持参するもの(必要書類)

     ①受講申込書

  ②受講希望理由

  ③本人確認できる書類(下記いずれかひとつ)

   運転免許証、健康保険、国民健康などの被保険者証、

   個人番号カードなどの写しを提出してください。

  ④保有資格証の写し(有資格者のみ)

   介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、ヘルパー1~3級を修了されている方は科目免除

   されるため、修了証の写しを必ず提出してください。また、喀痰吸引等研修(第一号、

   第二号研修)修了の方は医療的ケアの演習が免除になりますので修了証の写しを提出してく

   ださい。

  ⑤写真添付用紙(名札用)

   約3~4㎝の写真を指定の用紙に貼り付けて提出してください。写真の裏に名前の記入を

   お願いします。

 

  ※提出書類が不足していた場合、受付けができませんのでご注意ください。